当社の強み、独自の技術 OUR STORNG POINT AND ORIGINAL TECHNOLOGY

トップページ > 当社の強み・独自の技術 > 独自のモノづくり

当社の強み 起業から今日までの歩み グリーンテックジャパンの強み
独自の技術 独自の技術開発 独自のモノづくり
ドライアイス洗浄と環境〜リデュース技術のご提案 定期メンテナンスサービス|グリーンテックジャパンが責任を持って修理致します Q&A|よくあるご質問

独自の技術開発

発想をカタチに。

印刷用PDFをダウンロード
その1.脱着式スクランブラー搭載(ドライアイス粉砕装置)

※GT-300E、PRO-400に採用。PRO-500は固定式

パワフルなドライアイスペレット洗浄
繊細なドライアイスパウダー洗浄の切換式

二重反転ローラーの形状と隙間にこだわり、パウダー洗浄に最適な粒子サイズを作り出します。 ワンタッチ簡易オーバーホール機能により更に切換も簡単にしました。
パウダー洗浄
パウダー洗浄
ペレット洗浄
ペレット洗浄
※イメージです
このページのトップへ

その2.新発売スクランブラーアタッチメントホースをオプション設定-

(ドライアイス簡易粉砕ホース)※GT-100、GT-200にオプション設定

低コストでドライアイスパウダー洗浄をするなら
ホース内をドライアイスペレットが高速で通過する時、内壁面への衝突で徐々にパウダー化します。流体の減速を最小限に抑えることで凍結や詰まりも無くしています。本体とブラストガンとの間にワンタッチ接続することで安価で容易にパウダー洗浄効果を得ることが出来ます。《旧型ノズルセットの交換によるパウダー化装置は販売を停止しております》
パウダー洗浄
ドライアイスペレット
ペレット洗浄
ドライアイスパウダー
このページのトップへ

その3.大型テフロンディスクプレート

※GT-300E、PRO-600に採用

実は洗浄能力の高い理由はここにあり
このディスクはドライアイスをノズルまでスムーズに安定供給するだけでなく、ドライアイスがこのディスク内で初めて圧縮空気と混合し一気にノズルに向かって加速します。その時の流体損失を極限まで抑えて流速を高めています。

このページのトップへ

その4.ジェット技術

※全機種標準

ノウハウが最重要 研究成果がここに
ドライアイス洗浄機の中枢部分にあるのが、この「ジェット」と呼ばれるものです。ジェットを作るには緻密な消費空気量の計算と幾度もの洗浄テストが必要であり、各洗浄機本体に適したジェットを使用しないと流体は乱れ、洗浄能力やドライアイスの詰まりに大きく影響します。
このページのトップへ

その5.サイクロンノズル技術 RDストレートノズル

※全機種標準

洗浄能力No.1のパワーアップノズル
流体工学で設計されたサイクロンノズル。内部は計算されたカーブのテーパー状に、そしてスパイラル状になっています。

洗浄能力No.1のパワーアップノズル[サイクロンノズル]
※イメージです
このページのトップへ

その6.ブラストガン パワーアップトロナードプラス

※PRO-500、PRO-600、GT-300Eに標準

ブラストガン 軽量型トロナードプラス
※GT-100に標準、PRO-500、PRO-600、GT-300Eにはオプション設定

短時間の仕上がり重視ならパワーアップ型
長時間でも疲れない軽快さ重視なら軽量型

ブラストガンは使用方法に合わせた仕様になっており、適切な口径サイズとゴム質を採用することで摩耗・詰まりを無くしスムーズに洗浄能力を高めてくれます。
このページのトップへ

その7.専用軽量型エアーホース

※全機種共通、専用ワンタッチ接続ジョイント2個付き、ご要望により日本製ホースもご提案出来ます

洗浄機の持つ能力を引き出すための必需品
超軽量型で扱い易いだけでなく、適した口径にすることで洗浄機本体に圧縮空気の圧損を防ぐ効果もあります。 専用ワンタッチ接続ジョイントは、ホース内に残圧がある場合に安全上ロックされ外れなくなっており、洗浄機側から残圧開放することで解除されるしくみになっております。
このページのトップへ

その8.軽量コンパクト技術
コンパクトで扱い易くパワフルな洗浄機への挑戦
10年前のドライアイス洗浄機は、机くらいの大きさで扱いづらく移動も大変でした。そこで、もっと洗浄能力アップ・低圧力静音仕様・イニシャルとランニングコストの削減をクリアしながら、現在では背もたれのない椅子くらいの大きさまでになりました。将来ご家庭でも使える洗浄機を目指して研究を続けて行きます。
このページのトップへ

印刷用PDFをダウンロード
このページのトップへ

GT-110GT-310EPRO-200PRO-500PRO-600PRO-400